【無料】で読める書き下ろし小説や雑学コラムが満載!
読書の時間トップへ
ログインしていませんログイン 新規会員登録
お知らせ
2010/08/23:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/17:「首桃果の秘密8」3巻ラスト!
2010/08/17:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/10:「首桃果の秘密8」3巻更新!
2010/08/09:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/03:「首桃果の秘密8」3巻スタート!

[作家] 松村比呂美 さんの部屋
プロフィール
松村 比呂美(マツムラ ヒロミ)

1956年福岡県生まれ。日本推理作家協会会員。
2003年「あさよむ携帯文学賞」佳作 受賞。携帯小説の執筆を始める。
オール讀物推理小説新人賞最終候補作2作を含む『女たちの殺意』で2005年書籍デビュー。
著書に『キリコはお金持ちになりたいの』(幻冬舎文庫)、『鈍色の家』(光文社文庫)、『終わらせ人』『恨み忘れじ』(ともに角川ホラー文庫)、『幸せのかたち』(双葉文庫)などがある。

トラップ(罠) (上) [松村比呂美] Love

幸せを目の前にしたカップルに起こった現実…4人の視点が織り出す大人の恋愛模様。
アクセス 19430 | レビュー 0 | お気に入り 3 | しおり 2
フリーウェイ [松村比呂美] Life

母に愛された妹と、捨てられた兄。母の死で露わになる兄妹の本音。
アクセス 6719 | レビュー 0 | お気に入り 0 | しおり 0
ふたりのティーカップ [松村比呂美] Life

華やかで安い女と、地味で高級な女。二客のティーカップが露わにする女たちの本音。
アクセス 6843 | レビュー 0 | お気に入り 1 | しおり 0
トラップ(罠) (下) [松村比呂美] Love

下巻登場!!
幸せを目の前にしたカップルに起こった現実…4人の視点が織り出す大人の恋愛模様

アクセス 9268 | レビュー 0 | お気に入り 2 | しおり 3
妻が嘘をついた (下) [松村比呂美] Mystery

下巻登場!!
なぜウソを? 知るはずのない三社参りを知る妻。疑惑が深まる、心理ミステリー!

アクセス 5211 | レビュー 0 | お気に入り 0 | しおり 0
作品をすべて表示

松村比呂美 さんのメッセージ
▼2014/1/24
寒中お見舞い申し上げます。
いつも、宣伝のときだけ登場してすみません。
2月6日に幻冬舎文庫より『キリコはお金持ちになりたいの』が発売されます。
スティーヴン キングの表紙でもおなじみの藤田新策さんが装画を描いてくださいました。
シャンパンの泡の向こうに浮かぶ街が、なんとも魅惑的な絵です。
書店で見つけたら、ぜひ、かっこいいシャンパングラスを手に取ってみてくださいね。
欲望炸裂のサスペンスミステリです。

メッセージをすべて表示
「首桃果の秘密」桃祭り
累計350万アクセスの人気シリーズ
ラブストーリー特集
胸がきゅんとなる瞬間…


最終更新:5/26 10:00

カボチャの冒険 (バンブー・コミックス)
五十嵐 大介
コミック ¥ 690


猫好きな方へ、お勧めコミック〜

強力磁石でドアを固定! ドア バチット 足なが (16cmの段差まで対応)
ホーム&キッチン ¥ 1,869


ドアストッパー!両手がふさいでいても足で軽くさげるだけでOKです。磁石を使って固定するので、傷つけま...

Be Not Nobody
Vanessa Carlton
CD ¥ 1,530


幸野原君がヘッドホンできいてる、ヴァネッサ・カールトン

魔法の液体ビネガー(お酢)278の使い方
ヴィッキー ランスキー/クリーンプラネットプロジェクト/Vicki Lansky
単行本 ¥ 1,260


お酢(ビネガー)の使い方いろいろ〜料理、掃除、洗濯、スキンケアetc...

座卓(折脚) TWZ-90R


何かなつかしい〜、ちゃぶ台。
すべて表示

ケータイ版【読書の時間】についてはこちらから


最終更新:5/26 10:00

西部邁の人生相談<第二章>
[西部邁]
Life

『若者たちに伝えたい哲学・思想がここにある』西部節がさく裂!書籍は全国書店にて好評発売中!!

TOKYO-BRIDGE 3 〜南ドンドン橋〜
[佐藤洋二郎]
表現者

秋子は、事務員の仕事を終えると、会社には内緒で、喫茶店でアルバイトをした。そうやって十年近く勤めて、...

グローバル時代の「全体主義」
[先崎彰容×三浦小太郎×西部 邁×富岡幸一郎×中島岳志×柴山桂太(司会)]
表現者

富岡▼ 「グローバル時代の全体主義」ということを考えたいと思います。

白いドレスの願い
[シェリル・ウッズ]
Love

亡き母の遺品でもある古ぼけたトランクの中身を見て、ララは困惑した。なぜ母は毎年二月十四日になるとこれ...

大衆=情報化社会の虚を暴く
[小浜逸郎×浜崎洋介×柴山桂太×西部邁×富岡幸一郎(司会)]
表現者

富岡▼ 全体のテーマとしては高度情報化社会の問題点を考えてみますが、今日の議論はもう少し広げて、マス...
すべて表示

トップページ | 会社案内 | ご利用規約 | プライバシーポリシー | FAQ/ヘルプ | お問い合わせ▲PAGE TOP
JORUDANCopyright(C) 1996-2008 Jorudan.Co.,Ltd. All Rights Reserved.