【無料】で読める書き下ろし小説や雑学コラムが満載!
読書の時間トップへ
ログインしていませんログイン 新規会員登録
お知らせ
2010/08/23:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/17:「首桃果の秘密8」3巻ラスト!
2010/08/17:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/10:「首桃果の秘密8」3巻更新!
2010/08/09:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/03:「首桃果の秘密8」3巻スタート!

[作家] 松村比呂美 さんの部屋
プロフィール
松村 比呂美(マツムラ ヒロミ)

1956年福岡県生まれ。日本推理作家協会会員。
2003年「あさよむ携帯文学賞」佳作 受賞。携帯小説の執筆を始める。
オール讀物推理小説新人賞最終候補作2作を含む『女たちの殺意』で2005年書籍デビュー。
著書に『キリコはお金持ちになりたいの』(幻冬舎文庫)、『鈍色の家』(光文社文庫)、『終わらせ人』『恨み忘れじ』(ともに角川ホラー文庫)、『幸せのかたち』(双葉文庫)などがある。

トラップ(罠) (上) [松村比呂美] Love

幸せを目の前にしたカップルに起こった現実…4人の視点が織り出す大人の恋愛模様。
アクセス 19060 | レビュー 0 | お気に入り 3 | しおり 2
フリーウェイ [松村比呂美] Life

母に愛された妹と、捨てられた兄。母の死で露わになる兄妹の本音。
アクセス 6547 | レビュー 0 | お気に入り 0 | しおり 0
ふたりのティーカップ [松村比呂美] Life

華やかで安い女と、地味で高級な女。二客のティーカップが露わにする女たちの本音。
アクセス 6501 | レビュー 0 | お気に入り 1 | しおり 0
トラップ(罠) (下) [松村比呂美] Love

下巻登場!!
幸せを目の前にしたカップルに起こった現実…4人の視点が織り出す大人の恋愛模様

アクセス 8928 | レビュー 0 | お気に入り 2 | しおり 3
妻が嘘をついた (下) [松村比呂美] Mystery

下巻登場!!
なぜウソを? 知るはずのない三社参りを知る妻。疑惑が深まる、心理ミステリー!

アクセス 5013 | レビュー 0 | お気に入り 0 | しおり 0
作品をすべて表示

松村比呂美 さんのメッセージ
▼2014/1/24
寒中お見舞い申し上げます。
いつも、宣伝のときだけ登場してすみません。
2月6日に幻冬舎文庫より『キリコはお金持ちになりたいの』が発売されます。
スティーヴン キングの表紙でもおなじみの藤田新策さんが装画を描いてくださいました。
シャンパンの泡の向こうに浮かぶ街が、なんとも魅惑的な絵です。
書店で見つけたら、ぜひ、かっこいいシャンパングラスを手に取ってみてくださいね。
欲望炸裂のサスペンスミステリです。

メッセージをすべて表示
「首桃果の秘密」桃祭り
累計350万アクセスの人気シリーズ
ラブストーリー特集
胸がきゅんとなる瞬間…


最終更新:12/17 10:00

【収納上手!電動式 回るネクタイハンガー】わずかのスペースで、64本のネクタイとベルトを8本収納!


電動ネクタイハンガー。64本のネクタイが収納可能。

DUENDE (デュエンデ) ティッシュボックスカバー ピンク


縦置きのティッシュカバーなので、場所をとりません。

調味料新使いこなし料理―ハーブ・スパイスから豆板醤・XO醤までレシピ350種 (別冊週刊女性)
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,470


中華の調味料って、なかなか使い切れないんですよね。ウチも豆板醤なかなか減りません。。

パラダイム・シフト(大転換)―世界を読み解く
単行本 ¥ 1,995


国際金融に通暁しつつ、幅広い視野から、金融の過剰な肥大化と経済の混乱にいち早く警鐘を鳴らしてきた“ミ...

*リアルフラワーストラップ*(スプレーバラ/ピンクつぼみ)


生花をそのまま使用したストラップです。
すべて表示

ケータイ版【読書の時間】についてはこちらから


最終更新:12/17 10:00

この独身者はすごい! 結婚しなかった24人の偉人
[北嶋廣敏]
Culture

ダ・ヴィンチ、ニュートン、カフカ、宮沢賢治…彼らはなぜ結婚しなかったのか?好評発売中の書籍から、男た...

中腰の花嫁 (上)
[ヤマト]
Life

花嫁は元ヤン!? 前代未聞の披露宴! ウェディングプロデューサー、恐怖の時間が始まる…

大衆=情報化社会の虚を暴く
[小浜逸郎×浜崎洋介×柴山桂太×西部邁×富岡幸一郎(司会)]
表現者

富岡▼ 全体のテーマとしては高度情報化社会の問題点を考えてみますが、今日の議論はもう少し広げて、マス...

僕と奇妙なアルバイト (上)
[中野拓馬]
Mystery

あの人を探すため、僕は自動販売機になった。妹との絆が運命を引き寄せる、新感覚ミステリ。

書評 生と性の残り火を炊く
[杉原志啓]
表現者

帯惹句にいわく「男とおんなの情欲と交歓」。ただしその前フリが、 届かぬ想い、 叶わぬ夢、 けれどこの街...
すべて表示

トップページ | 会社案内 | ご利用規約 | プライバシーポリシー | FAQ/ヘルプ | お問い合わせ▲PAGE TOP
JORUDANCopyright(C) 1996-2008 Jorudan.Co.,Ltd. All Rights Reserved.