【無料】で読める書き下ろし小説や雑学コラムが満載!
読書の時間トップへ
ログインしていませんログイン 新規会員登録
お知らせ
2010/08/23:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/17:「首桃果の秘密8」3巻ラスト!
2010/08/17:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/10:「首桃果の秘密8」3巻更新!
2010/08/09:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/03:「首桃果の秘密8」3巻スタート!

[作家] 松本はる さんのメッセージ
プロフィール
松本 はる(マツモト ハル)

1971年、東京生まれ、東京在住。
暑さにめっぽう弱い、地球温暖化非対応体質。
気温が30度が活動限界。地球の平均気温があと2度くらい上がったら、南極の氷と共に溶けるような気がしている。
この世で一番大切なのは地軸の傾き。東京より暑い地域には生息できない。
「彼女の結婚」で第3回あさよむ携帯文学賞読者賞を受賞。

■ ケータイ版 【読書の時間】 作品一覧

▼2014/6/17
そしてまた、今年もこの季節が巡って参りました。
梅酒です。

手前の4Lはホワトリカー、後ろの2本はブランデーで漬けてます。ブランデーで漬けるようになったのは去年一昨年くらいからですが、濃い感じがしてなかなか気に入っています。漬け始めはやっぱりホワイトリカーの方が涼しげできれいなんですけどね。重さや量をはかったり割合を決めるのは私ですが、作業自体は、何故か毎年、結構楽しみにしている様子のがやってくれました。洗って磨いてへそをとり、全部漬け終わると瓶を並べて眺めて満足そうにしています。でも中身を飲むのはです。

青梅はここ数年毎年使っている青梅産。青梅の梅はプラムポックスウィルスにやられてかなり伐採され、吉野梅郷に至っては今後10年は梅祭り開催不可能と聞いていたので、青梅も売っていないかなあと心配していたのですが、以前ほどではないにしろちゃんと売っていてほっとしました。来年はどうなるのか分かりませんが、入手できる限りは青梅産で行きたいなあと思っています。ぜんぜん関係ありませんが、拙作に出てくる「お梅さま」。PCで何度入力しても、「青梅様」と変換されて結構苦労しました。そのうち覚えてくれるかと思いきやそうでもなく、結局単語登録してしまいました。

▼2014/4/18
桜の季節もあっと言う間に過ぎ去ろうとしています。
通勤途中、すっかり地味〜になった桜並木を見上げるたび、夏がすぐそこまで来ていることを思い出して早くもウンザリした気分になるのは私だけでしょうか。
近頃、このウンザリ気分をすこーしだけ上げてくれるのが、これ。河内一寸空豆。花もまだちらほら咲きつつも既にが成長中。そう。最初はさやが逆さに(っていうか花の向きそのままなんですけどね)空に向かって大きくなるのです。で、どんどん成長してふと気がつくと、でろりーんと垂れ下がります。そうなったらもうそろそろ収穫の時、と私は勝手に決めて収穫してます。いつもならもうとっくに収穫できてるものなのですが、今年はGW中に収穫できたら幸いってところでしょうか。それまでにアブラムシ帝国軍襲来がないことを祈るのみです。

▼2014/4/3
あっと言う間にの季節となりました。
とりあえず、咲いているうちに一度はにしたいなーと思っていたのでまた画像変更をお願いしてしまいました。毎度ご迷惑おかけしとります。

消費税が8%になろうが光熱費が上がろうが仕事が減ろうが、はやっぱりきれいですね。写真は近所の大きな公園です。ひろーい芝生に加えてバーベキュー広場まである場所なので、毎年宴会系花見が繰り広げられてます。ただし、ここは照明がないので夜間は無し。でも今は春休み中なので、昼間でもかなーりのにぎわいになっています。真っ昼間なので酔っぱらいこそいないものの、芝生を歩いているとあちこちからボールが飛んできて、向こうから飛んできた大きなボールを蹴り返し、こっちから転がってきた小さなボールを投げ返し、と気は抜けません。ぼんやり歩いていたらあっという間にボコボコです。←ウソ
写真の桜の下はバーベキュー広場なので、みんな魚だの肉だの焼きまくり。美味しそうな匂いがぷんぷんしている中、おとなしく寝そべっているコーギーがいて、なんて素晴らしい子だろうと思いました。名犬です。もしかして満腹だっただけかも知れませんが。

▼2014/3/27
すっかりめいて参りました。
通勤路のもちらっほら咲いているようなそうでないような。

そして少し前から、我が家の一寸空豆白い花を付け始めました。今年は発芽率が悪くて3本しか残らず、花もそれほど多い訳ではないのですが、とにかく今が満開。花の愛らしさも相変わらずです。低くこんもりしていた姿も、花が増えるに従って、心なしかすっと上に伸びてきたような。受粉の為かなと興味深く見守っております。
ちょっと周囲に雑草がたくさんはえてますが、まあ一応それでも育つのでお気になさらず。多少は抜いていたんですが、生えていたら生えていたで、プランターの水持ちがいい感じがしてついそのまんまに。そうしたらすっかり馴染んでしまい、まあいいや、と。暖かい日差しを受けて、雑草ともども元気な一寸空豆たちです。

▼2014/3/11
一応、まだ冬っぽいですよ、的な画像に替えていただきました。
先日行った山梨県小菅村の日帰り温泉にて。
その前の週に行った奥多摩の日帰り温泉と違い、こちらは大雪の後も少し休んだだけで営業していると思っていたのですが、やっぱり本格再開とまでは行っていなかったようです。受付のおねーさんも、ようやく再開できました、と言っていたし。この辺りは別に雪が全く降らないところではなく、積もっているのも何度も見てはいるのですが、3月にこんなに残っているのはさすがに初めて。お客さんもいつもほどにはならないのか、食事どころも席数を半分にしたりしていましたが、雪の後も当然ながらお湯は変わらず、おかげさまでのんびりゆっくりしてきました。

次のページ  部屋トップへもどる
「首桃果の秘密」桃祭り
累計350万アクセスの人気シリーズ
ラブストーリー特集
胸がきゅんとなる瞬間…


最終更新:5/28 10:00

打ちのめされるようなすごい小説
富岡 幸一郎
単行本 ¥ 1,680


昭和初期・戦前から今日へと至る時代を対象として、純文学を中心に時代小説、推理小説なども含む長篇小説50...

みんなでつくろう!大型クラフト〈5〉バルーン・アート
高田 佳子
大型本 ¥ 3,150


一度は挑戦したい巨大バルーンアート! この本はとてもわかりやすく解説されているそうで〜す。

詩人の愛―百年の恋、五〇人の詩
単行本 ¥ 1,575


初恋、不倫、別れ、恋に生き、愛に死す…。詩作の陰に日なたに、さまざまな愛があった。中勘助、深尾須磨子...

エルヴィスとは誰か―20の“キング”伝説
ポール・M. サモン/Paul M. Sammon/杉原 志啓
単行本 ¥ 3,045


プレスリーファン必読の一冊! クライヴ・バーカー、ジョイス・キャロル・オーツ、ローレンス・ブロック、...

ちゃんばら回想
- ¥ 2,752


猿飛佐助、丹下左膳、宮本武蔵、眠狂四郎、木枯し紋次郎…著者50年のウンチクを傾けた血湧き肉おどる“ちゃ...
すべて表示

ケータイ版【読書の時間】についてはこちらから


最終更新:5/28 10:00

この独身者はすごい! 結婚しなかった24人の偉人
[北嶋廣敏]
Culture

ダ・ヴィンチ、ニュートン、カフカ、宮沢賢治…彼らはなぜ結婚しなかったのか?好評発売中の書籍から、男た...

チョコレイト・ホリック (1)
[田口かおり]
School

色とりどりのジェリービーンズ、虫歯がうずくようなチョコレイト・バー。15歳の僕だけの「ほんもの」

僕と奇妙なアルバイト (上)
[中野拓馬]
Mystery

あの人を探すため、僕は自動販売機になった。妹との絆が運命を引き寄せる、新感覚ミステリ。

白いドレスの願い
[シェリル・ウッズ]
Love

亡き母の遺品でもある古ぼけたトランクの中身を見て、ララは困惑した。なぜ母は毎年二月十四日になるとこれ...

西部邁の人生相談<第二章>
[西部邁]
Life

『若者たちに伝えたい哲学・思想がここにある』西部節がさく裂!書籍は全国書店にて好評発売中!!
すべて表示

トップページ | 会社案内 | ご利用規約 | プライバシーポリシー | FAQ/ヘルプ | お問い合わせ▲PAGE TOP
JORUDANCopyright(C) 1996-2008 Jorudan.Co.,Ltd. All Rights Reserved.