【無料】で読める書き下ろし小説や雑学コラムが満載!
読書の時間トップへ
ログインしていませんログイン 新規会員登録
お知らせ
2010/08/23:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/17:「首桃果の秘密8」3巻ラスト!
2010/08/17:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/10:「首桃果の秘密8」3巻更新!
2010/08/09:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/03:「首桃果の秘密8」3巻スタート!

[作家] 中野拓馬 さんの部屋
プロフィール
1987年生まれ、埼玉県出身。
極度の方向音痴。迷子常習犯。
つい最近まで池袋を埼玉だと思っていた。
地図が読めない。
漢字が読めない。
空気が読めない。
それは全てゆとり教育のせいなのです。
「夜露に濡れて蜘蛛」で第2回〈10分で読める小説大賞〉大賞を受賞。

■ ケータイ版 【読書の時間】 作品一覧

僕と奇妙なアルバイト (下) [中野拓馬] Mystery

あの人を探すため、僕は自動販売機になった。妹との絆が運命を引き寄せる、新感覚ミステリ。
アクセス 8784 | レビュー 4 | お気に入り 2 | しおり 1
僕と奇妙なアルバイト (上) [中野拓馬] Mystery

あの人を探すため、僕は自動販売機になった。妹との絆が運命を引き寄せる、新感覚ミステリ。
アクセス 31286 | レビュー 2 | お気に入り 2 | しおり 5
鈴の鳴る夏 (上) [中野拓馬] Life

義父に珍名を付けられた僕の反抗! 涙あり笑いあり、親子の確執コメディ!!
アクセス 6062 | レビュー 0 | お気に入り 0 | しおり 0
鈴の鳴る夏 (下) [中野拓馬] Life

下巻登場!!
義父に珍名を付けられた僕の反抗! 涙あり笑いあり、親子の確執コメディ!!

アクセス 5199 | レビュー 0 | お気に入り 0 | しおり 0
静的思考 (上) [中野拓馬] Horror

「生き物の燃えているところが見たい」…普通に生きるって、ホントは難しい。日常と隣合わせのサイコ・ホラー
アクセス 5368 | レビュー 1 | お気に入り 0 | しおり 0
作品をすべて表示

中野拓馬 さんのメッセージ
▼2011/1/24
ピーナッツ豆腐が好きと話すと、「え?なにそれ」と高い確率で返されます(今のところ100%)。
炒飯くらいメジャーな食べ物だと思ってたのでカルチャーショックです。

さて、ピーナッツ豆腐がどういう食べ物かというと、簡単に言えば、まあ要するにピーナッツで作った豆腐ですね。
説明は以上です。


このピーナッツ豆腐に家族はすっぱいタレをかけて食べているんですが、個人的にそれは抵抗があるんです。
僕はむしろ生クリームをかけて食べたいですね。
僕の中では「ピーナッツ豆腐」=「ババロア」が成り立ってるんで。

というわけで、だまされたと思ってみなさんもピーナッツ豆腐に生クリームをかけてみてください。
桃源郷が待ってます。

メッセージをすべて表示
「首桃果の秘密」桃祭り
累計350万アクセスの人気シリーズ
ラブストーリー特集
胸がきゅんとなる瞬間…


最終更新:11/20 10:00

首桃果の秘密
単行本 ¥ 1,260


いよいよ本になりましたね〜書き下ろし、早く読みたいです。楽しみです。コウちゃん大きくなってたりするの...

この独身者はすごい
単行本 ¥ 1,260


まじめに人物の解説してるんだけど、イラストがゆるくて、ギャップがなんかいいですね〜

サボンドマルセイユ ハニー200g
ヘルスケア&ケア用品 ¥ 1,260


お勧め〜。マルセイユ石鹸!

THE営業道
「読書の時間」編集部/市村 洋文
単行本 ¥ 1,260


表現者 2010年 03月号 [雑誌]
雑誌 ¥ 1,300

すべて表示

ケータイ版【読書の時間】についてはこちらから


最終更新:11/20 10:00

首桃果の秘密2 (1)《見える人・前》
[ヤマト]
Horror

僕も、見えるんです。…功成と同じ力を持つという青年が現れ…「首桃果の秘密」待望の続編登場!

この独身者はすごい! 結婚しなかった24人の偉人
[北嶋廣敏]
Culture

ダ・ヴィンチ、ニュートン、カフカ、宮沢賢治…彼らはなぜ結婚しなかったのか?好評発売中の書籍から、男た...

大衆=情報化社会の虚を暴く
[小浜逸郎×浜崎洋介×柴山桂太×西部邁×富岡幸一郎(司会)]
表現者

富岡▼ 全体のテーマとしては高度情報化社会の問題点を考えてみますが、今日の議論はもう少し広げて、マス...

うさぎのはなし (上)
[佐伯ツカサ]
School

受験生のあたしはウサギ、コスチュームまとって妄想トリップ★同居中のキオスクに錯覚の恋愛シテマス

書評 中野剛志『国力論?経済ナショナリズムの系譜』政治経済学の正統を問う
[黒宮一太]
表現者

著者は、ヒュームの政治経済観の背後にある思想へと分け入ることにより、近代政治経済学を創始したヒューム...
すべて表示

トップページ | 会社案内 | ご利用規約 | プライバシーポリシー | FAQ/ヘルプ | お問い合わせ▲PAGE TOP
JORUDANCopyright(C) 1996-2008 Jorudan.Co.,Ltd. All Rights Reserved.