【無料】で読める書き下ろし小説や雑学コラムが満載!
読書の時間トップへ
ログインしていませんログイン 新規会員登録
お知らせ
2010/08/23:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/17:「首桃果の秘密8」3巻ラスト!
2010/08/17:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/10:「首桃果の秘密8」3巻更新!
2010/08/09:「作家の部屋」メッセージ更新! 2010/08/03:「首桃果の秘密8」3巻スタート!

作家メッセージ

[松本はる]さん

▼2013/12/11
一応クリスマス、ということで、ツリー画像にしてみました。そろそろ年の瀬感もじわじわ来ておりまして、やるべきこと、やらねばならないこと、やれやれと家でうるさく言われること等々、なーんか気持ちが落ち着かないというか何というか。

そんな中、忙しいとか言いつつ手を出し始めたのが、梅酒以外の果実酒。今のところは、リンゴ酒ザクロ酒の2つ。ミニではない900ml用の瓶に漬けてます。リンゴは先月漬けたのでそろそろ飲める&実をあげる頃。ザクロ酒は来年まで持ち越しです。実をあげたあともしばらく置いた方がおいしくなると言う...
続きを読む
[松本はる]さん

▼2013/11/26
すっかりです。
いや、もう冬?世の中見回すとコート姿が目立ちます。…もしかしたら着てない私が目立っているのかも知れませんが。

季節柄ということでしょうか、最近ちょっと郊外というか山の方の直売所に立ち寄ると、きのこが沢山並ぶようになりました。なめこもしめじも、スーパーで見るのよりも生き生きしていて大きい上に量もたっぷり。以前はただ素通りしていたのですが、先日夫が「キノコ鍋がしたい」と言い出して実践したところ案外と美味だった為、以来出かけた先できのこを見かけると即買い、夜はキノコ鍋というパターンが定着し...
続きを読む
[平八]さん

▼2013/11/7
先日三連休がありましたが、
皆さまどこかお出かけされましたか?

私は連休の最終日に滋賀県の安土城跡に行ってまいりました。
その後、長浜城、姉川古戦場、小谷城とまわったため、
ひとつひとつをじっくり堪能することはできませんでしたが、
久しぶりの遠出は心躍る楽しいひとときでした。

ところで、ヘンな短歌のようなものとショートショートのページ『騎馬武者九分九厘』を始めて一年が経ちました。
短歌のようなものは毎日更新しておりますので、
お時間のある時にでも見てみてください。
続きを読む
[松本はる]さん

▼2013/10/1
すっかり世の中、…になりかかっているようです。
朝晩は涼しいし、昼間暑くてもさらっとカラッとで、熱中症というよりそろそろインフルエンザの心配をすべきかね、って雰囲気です。ああ、寒くなるってすばらしい。

…のはずなんですが、うちのプランターではまだ朝顔が咲いています。お盆に咲き始めたもので、まーだまだがあるんですよ。冷え込んだ朝にもこんな花をちゃんと咲かせてます。お気づきと思いますが、花はとっても小さいです。お盆に咲いたものの半分くらい。ちなみに葉っぱも大きなものはさっさか落ちて、小さなものに変わっ...
続きを読む
[松本はる]さん

▼2013/9/6
まだまだ暑いですが、とりあえず鳴いているセミも、ミンミンゼミとかクマゼミ、アブラゼミの大合唱からツクツクボウシのひとり舞台に変わりつつあるようです。ツクツクボウシはいいですね。鳴き声に風情があります。ミンミンだのシーシーだのとは訳が違います。何と言っても「晩夏に鳴くセミ」ってのがいいです。なんか、あと少しだよ、もうすぐ終わりだよ、って感じになるじゃないですか。なんていいセミなんでしょう、ツクツクボウシ。

私にとってこの上なく暮らしにくい季節、できるだけ消耗しないよう、息を潜めるようにかろうじて生きな...
続きを読む
[平八]さん

▼2013/9/6
お久しぶりです。
夜になると秋の虫が鳴いておりますが、
まだまだ幾分か蒸し暑い今日この頃ですね。

ところで、かねてよりウェブページで短歌のようなものを詠んでおりましたが
最近ではそれに挿し絵をつけております。
短歌のようなものだけでは意味が分からないので
挿し絵で補足をと思ったのですが・・・。

興味のある方は一度見てみてください。
パソコン用のページで恐縮ですが
『騎馬武者九分九厘』というページですので、
『騎馬武者九分九厘』で検索していただければ
最初にあらわれると思います。

それでは皆さま、よい秋を
続きを読む
[松本はる]さん

▼2013/7/3
なんか急に暑くなりましたね。
このまま梅雨が明けてしまうのはまだ心配なんですが、時期的にはもういつ「です」と言われてもオカシくない今日この頃。とほほほほ。地軸の傾きが逆になったらいいのに。

さて。そんな夏の楽しみ?として、今年からミニフルーツ酒というのを作り始めました。以前からフルーツ酒には興味があったのですが、なにぶん、あの量(2Lとか)作って失敗したら…と思うと手を出せずにいたところ、ホワイトリカー220ml入りの小さな瓶が発売されたので、早速購入&トライ。初回はグレープフルーツで作ったのです...
続きを読む
[松本はる]さん

▼2013/6/19
夏が終わるまでは滝の画像のままにしようかとも思いましたが、今年の梅酒をつけたので。全部で4本。2本はホワイトリカー、もう2本は念願のブランデーです。以前、お店で飲んだのが案外と美味しかったので、私としては楽しみなのですが、夫には「色あいがきれいじゃない」と不評。まあ、青梅の緑と氷砂糖のきらきらのコントラストが消えてしまうので、確かに見た目はちょっと地味です。
今は梅の収穫期なので、スーパーでもあちこちで青梅を見かけますが、うちはドライブ途中で通る青梅で買いました。青梅はその名の通り梅の産地でもあり...
続きを読む
[松本はる]さん

▼2013/6/4
暑くなって参りました。ほんと、参ってます。
梅雨入りって言ったくせにこの青空は何なんだ!夏入りの間違いじゃないのか!もう夏なら夏って言ってよと、半分逆ギレ、とまでは行きませんが、この晴天続きはいただけません。暑いのが嫌いな人間にとって、少雨の夏というのは何かもう、高層ビルに命綱なしでぶら下がっているような不安を感じる代物でして、ホントもう、何でもいいからきっちり雨降って欲しいです。ええ。ドライブで奥多摩にいくたびに、湖の水位をがん見してしまう今日この頃です。

で、暑くなってきたので画像を変えていただ...
続きを読む
[松本はる]さん

▼2013/5/14
もう季節はすっかり初夏でございます。
週末にドライブで通る山々の新緑というにはだいぶ色濃くなった木々の中に、時折、藤や桐の紫色が見えて、もうじきなんだぜ、というのをひしひしと感じる今日この頃です。野生の藤は街で見かけるそれよりもだいぶ房が小さいのですが、意外と大きな木(っていうかツル?)だったりして、緑の中に紫の川が流れているみたいでなかなかきれいなものです。色は同じ紫でも、花が上に向かっているのは桐。街中ではそれほど見かけませんが、里山には結構多く、花は上品な感じの控えめ紫。子供の頃、花札でし...
続きを読む
前のページ  次のページ
「首桃果の秘密」桃祭り
累計350万アクセスの人気シリーズ
ラブストーリー特集
胸がきゅんとなる瞬間…


最終更新:3/26 10:00

1000回使えるコーヒーフィルターデンマーク製ミルカフェ


洗って繰り返し1,000回以上も使えるそうで〜す。

この独身者はすごい
単行本 ¥ 1,260


まじめに人物の解説してるんだけど、イラストがゆるくて、ギャップがなんかいいですね〜

純国産線香花火セット
おもちゃ&ホビー


小さいころ、線香花火は、大きく広がって、もっと長く楽しめたような気がします。最近の線香花火は、小さく...

おぼえたての碁―はじめたばかりの碁がたちまち強くなる
趙 治勲
単行本(ソフトカバー) ¥ 1,155


初級から中級へ〜。

時代小説の勘どころ
単行本 ¥ 1,680


時代小説ファン必読の一冊。2008年4月発売の最新版。
すべて表示

ケータイ版【読書の時間】についてはこちらから


最終更新:3/26 10:00

この独身者はすごい! 結婚しなかった24人の偉人
[北嶋廣敏]
Culture

ダ・ヴィンチ、ニュートン、カフカ、宮沢賢治…彼らはなぜ結婚しなかったのか?好評発売中の書籍から、男た...

大衆=情報化社会の虚を暴く
[小浜逸郎×浜崎洋介×柴山桂太×西部邁×富岡幸一郎(司会)]
表現者

富岡▼ 全体のテーマとしては高度情報化社会の問題点を考えてみますが、今日の議論はもう少し広げて、マス...

中腰の花嫁 (上)
[ヤマト]
Life

花嫁は元ヤン!? 前代未聞の披露宴! ウェディングプロデューサー、恐怖の時間が始まる…

安倍内閣の価値観外交を考える
[東郷和彦×柴山桂太×西部邁×富岡幸一郎×中島岳志(司会)]
表現者

「普遍的価値」は外交において有効か富岡▼ 安倍内閣で「価値観外交」という言葉が出ていますが、今日は東...

グローバル時代の「全体主義」
[先崎彰容×三浦小太郎×西部 邁×富岡幸一郎×中島岳志×柴山桂太(司会)]
表現者

富岡▼ 「グローバル時代の全体主義」ということを考えたいと思います。
すべて表示

トップページ | 会社案内 | ご利用規約 | プライバシーポリシー | FAQ/ヘルプ | お問い合わせ▲PAGE TOP
JORUDANCopyright(C) 1996-2008 Jorudan.Co.,Ltd. All Rights Reserved.